【パチスロ青鬼】スランプグラフで設定6の特徴を確認しよう

設定6確定のスランプグラフ

青鬼設定6グラフ1

 

 

上記グラフは、6確演出が出た時のスランプグラフです。同じ作業を繰り返すようなグラフで、初当たりは軽く、ATもじわじわ伸びるという展開が想定されます。

 

基本的に青鬼の設定6は安定感がありますが、1回1回のATが伸びない可能性が高いのでパチスロを楽しみたい人にとって青鬼の設定6は苦行になりそうです。トータル収支をしっかり残したい人にとっては安定感抜群の機種であるとも言えます。

 

階段のイメージから読み解く

※全ての【青鬼】に当てはまるものではないことをご理解ください。

階段グラフ

 

設定6は軽い初当たりに加えて、伸びないATを繰り返します。

 

万枚報告も出ている青鬼ですが、設定6の場合は無理です。このような軌道を繰り返すため安定感は抜群ですが、終日回して2000枚~3000枚といったところが獲得ラインとなります。

 

同じことの繰り返しで、じわじわとしか増えないため閉店の残り時間をだいぶ残してやめる人がいる可能性はあります。なので、このようなグラフ軌道の場合は限りなく設定6の可能性が高いので覚えておきましょう。

 

例え、閉店まで残り時間がまだあったとしても大きなプラス差枚は出ない可能性が高いので大幅な収支をあげることは難しいですがそれでも設定が入っていない瞬発力のある台を打つよりはマシです。

 

その他の設定6だったスランプグラフ

 

続いて、全国のデータより高設定挙動を出しているスランプグラフをどんどん紹介していきます。スランプグラフにて、出玉の挙動を把握することで思わぬ空き台を拾えるかも知れませんので必ず挙動は確認するようにしましょう。

 

特に、朝イチから行けない人や仕事終わりの夕方から行く人にとっては、有用なデータです。

 

設定6

設定6

青鬼設定6グラフ2 青鬼設定6グラフ3

 

設定6確定演出が出た台のグラフです。似たようなグラフ軌道となっています。

 

②に関しては、1撃で約1000枚獲得したATがあるため最終的な出玉も2500枚ほど獲得することができています。しかし、①の展開になってしまった場合はプラス収支ではありますが最高設定なので精神的にキツいところがありますね。

 

スランプグラフを見て頂ければ分かりますが、終日ぶん回してこのようなグラフ軌道になることが多いです。そのため、夕方から運よく空き台になっていたとしても大幅な出玉を得て大勝できない機種です。

 

打ち始めたところからAT終了時点で出玉がマイナスになる可能性は低いですが、閉店まで時間がないという場面ではリスクに対して出玉がついてこないので例え設定6だとしても打たないほうがいいと思います。

 

設定5のスランプグラフ

青鬼設定5グラフ1

 

設定示唆である「銀枠の優」が出たので設定5・6のいずれかですがその他の台の挙動、そしてスランプグラフからも設定5の可能性が極めて高いスランプグラフです。

 

青鬼は高設定ほどATの出玉が伸びないのでこのグラフに関しては、1回完走することができたのでその分プラス域で終えることができたものです。

 

終日回すと設定6に比べCZスルーで大きくハマるところが出てくる可能性が高いため、設定6よりも安定感はない感じです。そのため、ATの出玉が伸びない可能性が高いという特性からも例え設定5濃厚の台が空き台になっても夕方など閉店まで残り時間があまりないという状況ならば設定6に比べマイナス収支で終わってしまうリスクが高いので打つのはやめましょう。

 

その他の設定5だったスランプグラフ

設定5

設定5

青鬼設定5グラフ2 青鬼設定5グラフ3

 

いずれのグラフも設定5です。

 

いずれも初当たりは軽いですが、大きなハマりとなってしまっているところがあります。また、ATでの出玉が伸びにくいので右側のグラフはマイナス域で終了となっています。

 

夕方からの実践でもこのような軌道を描いていれば高設定の可能性が高く、空き台ならば打ちたくなるかも知れませんがオススメしません。実践時間が限られる中、ATの出玉が伸びない可能性が非常に高く、もしかしたら自分が打っている時に大きくハマるかも知れません。また、仮にプラス収支にできたとしても大きく伸ばせる可能性は低いためリスクしかないと考えます。

 

設定6ならまだしも設定5、AT初当たりは軽いもののATが伸びていない、そして、大きなハマりがあったようなグラフの場合は打たないという選択肢が賢明な判断です。

 

 

設定4のスランプグラフ

 

設定4に関しては、確信を持って掲載できるスランプグラフがないので割愛させて頂きます。

 

設定4のグラフが手に入り次第更新させて頂くので気になるという人はしばしお待ちください。

 

ただし設定4の場合、完走率は18%と高くはなく強ATよりも弱ATの割合が高いです。初当たりも低設定に比べれば良いですが、設定5・設定6に比べれば落ちるため大きなハマりも訪れます。設定4だったとしても打つ価値はそこまで高くないと思います。