【パチスロイニシャルD】スランプグラフで設定6の特徴を確認しよう

設定6確定のスランプグラフ

設定6グラフ

 

 

上記グラフは、サミートロフィー(虹)が出て6確のスランプグラフです。とにかくAT初当たりが軽く、1回1回のATを伸ばすことができれば、更なる出玉獲得の可能性のあった台です。

 

AT直撃も9000回転ちょっとで6回確認。単発ATも多く、モミモミ状態が続く場面も見られますが綺麗な右肩上がりのグラフを描くことが多い台です。単発ATが続き出玉が伴わない場合でもAT初当たりが取れる台は粘ってみる価値があります。

 

ATが軽い台で伸びていない台も高設定の可能性あり

※全ての【パチスロイニシャルD】に当てはまるものではないことをご理解ください。

モミモミポイント

 

先ほどのグラフです。終日8000回ちょっと回した台ですが、前半0~2500回転まではATが伸びきらずモミモミの展開が続いています。

 

ただし、AT初当たりが軽くボーナスもコンスタントに引けているため大きなマイナスとはならず一番凹んでいるところでも500枚~600枚程度です。設定6をツモることができた場合は、上記以外の設定6のスランプグラフを見ても1000枚を超えることはあまりないように思います。

 

上記のようにモミモミの展開になる場面も多く見られるので、AT初当たりが軽い場合は粘って打つようにしましょう。

 

次にここまで紹介した以外の設定6が確定したスランプグラフを見ていきます。

 

その他の設定6だったスランプグラフ

 

続いて、全国のデータより高設定挙動を出しているスランプグラフをどんどん紹介していきます。スランプグラフにて、出玉の挙動を把握することで思わぬ空き台を拾えるかも知れませんので必ず挙動は確認するようにしましょう。

 

特に、朝イチから行けない人や仕事終わりの夕方から行く人にとっては、有用なデータです。

 

設定6

設定6

パチスロイニシャルD設定6グラフ1 パチスロイニシャルD設定6グラフ2

設定6

設定6

 パチスロイニシャルD設定6グラフ3  パチスロイニシャルD設定6グラフ4

 

設定6確定演出が出た台のグラフです。右肩上がりの綺麗なグラフを描く場合が多く出玉が削られたとしても1000枚前後となるケースが多いようです。

 

差枚数で言えば、設定6を終日回して3000枚~4000枚になるケースが多いです。④の場合は、差枚数で+5000枚を超えており、ここには掲載していませんが万枚報告もある機種です。

 

③が設定6にも関わらず、ほとんどの時間でマイナス域での遊戯となっています。初当たりは設定6の特徴通り軽いですが、1回1回のATが伸びきらないイライラするような展開になった場合は、このようなスランプグラフになる可能性もあります。

 

設定5のスランプグラフ

イニシャルD設定5

 

設定5のスランプグラフです。+4000枚以上の差枚数となっているスランプグラフです。

 

設定6のスランプグラフとほとんど変わらないような良いスランプグラフですが、やはり大きなハマりが何回かあります。ハマりが続いてしまうと1000枚以上は飲まれるのでATを伸ばせなければキツイ展開となる場面が想定できますね。

 

AT初当たりに関しても設定6ほどではありませんが、良く取れるのでいかに1回1回のATを伸ばせるかが重要となってきます。それでは、その他設定5のスランプグラフも確認してみましょう。

 

その他の設定5だったスランプグラフ

設定5

設定5

イニシャルD設定5-1 イニシャルD設定5-2

 

左のグラフは、ハマった部分もありますがATを伸ばせているところが多く大きなプラス差枚数で終えることができていますね。

 

逆に、右のグラフは最後に突入したAT以外はあまり伸ばすことができず、更に大きなハマりもあったため差枚数としては+1000枚で終わっています。

 

ここには掲載していませんが、設定5で突入させたどのATも伸ばせずにマイナス2000枚以上の差枚数で終えたスランプグラフも見たことがあるのでいくら高設定だとしてもマイナス収支で終わる可能性は大いにあります。

 

設定4のスランプグラフ

イニシャルD設定4スランプグラフ

 

イニシャルDの設定4は、スランプグラフだけで見抜くのは厳しいと思います。

 

設定6のように綺麗な右肩上がりとなるグラフもいくつも確認しており、逆に低設定のように下にグラフを伸ばすようなものもあります。

 

上記グラフのようにAT初当たりはそこそこ取れているものの一撃で伸ばせずにいるようなずっとモチモチした展開のスランプグラフもあります。

 

夕方からの立ち回りでは、設定6のようなスランプグラフを描いている場合でも設定4の可能性もあるので台が空いていたとしても安易に座らないほうがいいかも知れません。仮に設定6のようなスランプグラフでも前任者が設定4だと推測してヤメた台の可能性が高く、沈む可能性も多いに考えられます。

 

その他の設定4だったスランプグラフ

設定4

設定4

イニシャルD設定4-1 イニシャルD設定4-2

 

設定4のグラフです。

 

AT初当たりに関しては、いずれも設定6のように軽いです。どちらのグラフも設定6と言われれば納得してしまいそうです。

 

左のグラフは、+3000枚以上の差枚数で打ち切れています。しかし、右のグラフは-2000枚とATを伸ばし切れずマイナス域で終えています。

 

設定4のスランプグラフは、以上の3つしか掲載していませんが低設定のような動きをする時もあれば最高設定のような動きをするものもあります。スランプグラフだけでは読み取ることが難しいですが、イニシャルDの設定4は、他の新基準機の設定4と比べても出玉率は高い部類だと思うので朝から打つような場合は粘ってみてもいいかも知れません。

機種解析・攻略情報