【ガルパンG】スランプグラフで設定6の特徴を確認しよう

設定6のスランプグラフ

ガルパンG設定6グラフ1

 

 

上記グラフは、6確演出が出た時のスランプグラフです。6000Gほど回した台ですが、差枚数は約+1000枚と物足りない結果でした。

 

ガルパンGの設定6は安定しているとは言えず高設定でも負けたという報告がかなり寄せられています。逆に低設定でも5000枚・6000枚クラスの報告もあり6号機で比較的荒い機種に位置付けられます。

 

 

その他の設定6だったスランプグラフ

 

続いて、全国のデータより高設定挙動を出しているスランプグラフをどんどん紹介していきます。スランプグラフにて、出玉の挙動を把握することで思わぬ空き台を拾えるかも知れませんので必ず挙動は確認するようにしましょう。

 

特に、朝イチから行けない人や仕事終わりの夕方から行く人にとっては、有用なデータです。

 

設定6

設定6

ガルパンG設定6グラフ2 ガルパンG設定6グラフ3

設定6

設定6

 ガルパンG設定6グラフ4  ガルパンG設定6グラフ5

 

設定6確定演出が出た台のグラフです。

 

ガルパンGは、スランプグラフだけから設定6を見極めることはできない機種だと思います。高設定ほどAT初当たり確率が優れているからといって設定6でもAT突入までハマることもあります。そのため、自力感満載のATを伸ばすことができなければ平気で出玉が吸われます。高設定でも低設定のような動きをすることがあるので、注意してください。

 

ヒキでATを伸ばすことができなければやはり高設定でも厳しいですね。

 

 

設定5のスランプグラフ

ガルパンG設定5グラフ1

 

設定5濃厚台のスランプグラフです。

 

設定6と同じような挙動をしており、初当たりは軽くAT突入までハマるときはハマるといった感じでしょうか。スランプグラフからだけでは、設定5と設定6の違いを見分けることは不可能です。

 

設定5と設定6を見分けたい場合は、やはり設定差の大きい「あんこう祭り出現率」など試行回数が必要になってくる要素から見抜かなければなりません。

 

 

その他の設定5だったスランプグラフ

 

設定5濃厚となるスランプグラフが先に紹介したものだけです。

 

今後、設定5のスランプグラフのサンプルを追加していく予定ですが、追加日時は未定となりますのでご了承ください。

 

 

設定4のスランプグラフ

ガルパンG設定4グラフ1

 

設定4濃厚台のスランプグラフです。AT初当たりまで大きいハマりや中ハマりが見受けられます。しかし、初当たりがかなり軽くなっているところも随所に見られます。

 

設定5・設定6と比べると初当たりはやはり物足りないスランプグラフとなる傾向が強いです。

 

その他の設定4だったスランプグラフ

 

設定4濃厚となるスランプグラフが先に紹介したものだけです。

 

今後、設定4のスランプグラフのサンプルを追加していく予定ですが、追加日時は未定となりますのでご了承ください。