【まどマギ2】スランプグラフで設定6の特徴を確認しよう

設定6確定のスランプグラフ

まど2設定6グラフ1

 

 

上記グラフは、ビッグ終了時に「魔法少女全員集合」画面が出て設定5・6が確定したものです。その他、設定差を見ても設定6の近似値が大多数を占め、このスランプグラフの日は、全台系でまど2だったためほぼ間違いなく設定6だと思います。

 

しかし、以降に紹介するその他の設定6のグラフですが設定6でもマイナス域で終わるケースもかなりあるように引きに左右される機種であり高設定でも安定して出玉が得られるという機種ではありません。

 

ちなみに出玉5000枚を振り切っていますが、最終的に5800枚程度の獲得でした。

 

 

その他の設定6だったスランプグラフ

 

続いて、全国のデータより高設定挙動を出しているスランプグラフをどんどん紹介していきます。スランプグラフにて、出玉の挙動を把握することで思わぬ空き台を拾えるかも知れませんので必ず挙動は確認するようにしましょう。

 

特に、朝イチから行けない人や仕事終わりの夕方から行く人にとっては、有用なデータです。

 

設定6

設定6

まど2設定6グラフ2 まど2設定6グラフ3

設定6

設定6

 まど2設定6グラフ4  まど2設定6グラフ5

 

全て設定6濃厚の台のスランプグラフです。

 

振り切っているものもあれば、マイナス域で終わってしまったものなどスランプグラフだけではこの機種は分からないです。どれだけマギカクエストでやれるかというところがでかいので上振れもしますし、下振れもします。

 

自分のヒキがかなり重要となってくる機種なので、高設定だからといって勝てる確率が高いというわけではない点を覚えておきましょう。

 

また、夕方から稼働する場合は打たないほうが良い機種です。仮にプラスを伸ばしている台でやめられている場合はすでに設定看破を終え、低設定濃厚台が噴いた可能性が高いです。この機種を打つならば、朝イチからユニメモを活用してしっかり自分自身で設定看破を行う必要があります。

 

 

設定5のスランプグラフ

まど2設定5グラフ1

 

設定5のスランプグラフです。これは比較的良い例のグラフに入ります。

 

「直撃」や「弱チェ+ほむら」などで設定5と設定6の区別は比較的つきやすいと思います。設定差ではなくスランプグラフを見ていくので割愛しますが、機種情報から設定に関する情報は見てください。

 

やはりスランプグラフだけでは設定が入っているのかどうかを見分けるのは無理です。とにかくユニメモを活用してください。

 

その他の設定5だったスランプグラフ

設定5

設定5

まど2設定5グラフ2 まど2設定5グラフ3

 

いずれのグラフも設定5です。

 

グラフから特徴を読み取ることは難しいので、設定5のサンプルとして掲載しておきます。

 

 

設定4のスランプグラフ

まど2設定4グラフ1

 

設定4の台のスランプグラフです。

 

設定5・設定6と同様に特に特徴はなくART中のヒキ要素が出玉に直結する機種なので特にスランプグラフから見れることはありません。サンプルのため掲載します。

 

その他の設定4だったスランプグラフ

設定4

設定4

まど2設定4グラフ2 まど2設定4グラフ3

 

いずれも設定4のグラフです。

 

サンプルグラフとして掲載していますが、右側のグラフはスランプグラフの表示制限で-2000枚までしか表示されなかったため以降はグラフの軌道を載せることができていません。