【タイガー&バニー 】スランプグラフで設定6の特徴を確認しよう

設定6確定のスランプグラフ

タイバニ設定6グラフ1

 

 

上記グラフは、設定5以上の確定演出、かつ、その他設定差が設けられているもので限りなく設定6に近い数値を残したスランプグラフです。おそらく設定6ですが、絶対というわけではありません。

 

目立った大きなハマりはなく終始右肩上がりとなったグラフで、最大出玉は5000枚近く出ています。ただし、その他の推定設定6のタイバニのスランプグラフを見ると終日回して3000枚前後で終わることが多いようです。

 

AT初当たりまで500枚以上を使うハマりは少ない!?

※全ての【TIGER&BUNNY 】に当てはまるものではないことをご理解ください。

ハマり

 

先ほどのグラフですが、AT初当たりまでにハマった箇所に◯を付けました。最後の最後に約500枚程度ハマっていますが、それまでは全くハマっておらずそれぞれのATも伸びているため、右肩上がりのグラフとなっています。

 

全ての【タイバニ 】の設定6に当てはまるわけではありませんが、最高設定はかなりコンスタントにAT当選が見込める可能性が高いようです。

 

設定6のサンプルとしてスランプグラフを2つほど追加しているので確認してみてください。

 

 

その他の設定6だったスランプグラフ

 

続いて、全国のデータより高設定挙動を出しているスランプグラフをどんどん紹介していきます。スランプグラフにて、出玉の挙動を把握することで思わぬ空き台を拾えるかも知れませんので必ず挙動は確認するようにしましょう。

 

特に、朝イチから行けない人や仕事終わりの夕方から行く人にとっては、有用なデータです。画像はクリックすると拡大します。

 

設定6

設定6

タイバニ設定6グラフ2 タイバニ設定6グラフ3

 

設定6濃厚のスランプグラフです。

 

②のスランプグラフですが、AT初当たりに500枚以上を使ったようなハマりが1箇所だけ見受けられますがその他はコンスタントに初当たりを重ねることができています。

 

やはり、タイバニの設定6のAT初当たりはかなりコンスタントに当たり安定していることが多いように思えます。

 

また、夕方などから立ち回る場合でも右肩上がりとなる傾向が強いので閉店までに腰を据えて打てるような時間がある場合は狙っていける機種だとも思います。

 

 

設定5のスランプグラフ

タイバニ設定5グラフ1

 

設定5濃厚のスランプグラフです。

 

 

ボーナスから中々ATまで繋がらないような箇所が見受けられますが、上記記載のスランプグラフの場合設定6と言われても納得できるような挙動です。

 

設定5以上確定 + 奇数設定示唆が強かった台なので設定5濃厚台のスランプグラフとして紹介していますが、もしかしたら設定6の可能性も無きにしも非ずなのでそこだけ頭に入れておいて頂ければと思います。

 

その他の設定5だったスランプグラフ

 

設定5濃厚となるスランプグラフが先に紹介したものだけです。

 

今後、設定5のスランプグラフのサンプルを追加していく予定ですが、追加日時は未定となりますのでご了承ください。

 

 

設定4のスランプグラフ

タイバニ設定4グラフ1

 

設定4濃厚のスランプグラフです。

 

 

弱チェリーからのエピソードボーナス当選があり、偶数寄りの挙動かつ小役確率も設定6には程遠いものだったため、設定4濃厚台です。

 

やはり設定6に比べるとAT初当たりまでに大きなハマりが複数回あったりとマイナス域で終わってしまっています。ATが伸びればプラス域も十分狙えますが、このような挙動の台は機械割が103.5%あろうとも終日粘るほどの価値はないと思います。

 

夕方からの稼働でも同様に大きなハマりが複数回あり、設定4の可能性を残しているような台でもスルーして他の台を探すほうが懸命な判断でしょうね。

 

その他の設定4だったスランプグラフ

 

設定4のスランプグラフが先に紹介したものだけです。

 

今後、設定4のスランプグラフのサンプルを追加していく予定ですが、追加日時は未定となりますのでご了承ください。