#114

導入直前!!スロット【Re:ゼロから始める異世界生活】キャラを知っておこう

▶︎ 記事一覧へ

    LINEで送る
    Pocket

スロット新台【Re:ゼロから始める異世界生活】キャラを知ろう

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
©Daito

こんにちわ。実践記事以外で、初登場の覆面1号です。

 

この記事に関しては、どうしてもやりたかったためやらせていただきます。『Re:ゼロ』では、女性キャラなら「レム(青鬼)」男性キャラなら「ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア(剣鬼)」が好きです。

 

『Re:ゼロ』はアニメはもちろん「小説家になろう」というWebメディアで公開されている時から読んでました(笑)「小説家になろう」っていうメディアは、小説が投稿できるサイトです。文庫化されて、アニメ化されて、遂にスロット化ですか・・・凄すぎます!!!

 

もっと語りたいところですが、長くなってもいけないので新台として導入される前に『Re:ゼロから始める異世界生活』のキャラクターを知っておいてスロットをもっと楽しく打てるように準備をしておきましょう(・∀・)

 

ネタバレも含みますので、まだアニメを見ていなくてネタバレを食らうのが嫌な人はこのページを見ないことをオススメします。それでは、ご覧ください。

 

 

ナツキ・スバル(菜月昴)

ナツキ・スバル(菜月昴)

主人公。ニートですが、筋トレは行っていたため、筋肉質な体格をしています。主な能力としては、「死に戻り」と呼ばれる自己が死亡した際に運命を変えるため、セーブポイントまで戻ることができます。「死に戻り」の能力でループするため、精神が崩れる場面がありますが、ヒロインのエミリアを救うため成長していきます。陰属性の能力も使えますが、ゲートの制御が緩いため、1期のアニメの中ではほとんど使いものになりませんでした。

 

誕生日

アニメを題材としたスロット機は、キャラクターの誕生日に設定を使い祝福してくれるホールも多数あるので、分かっているキャラクターだけでも書いていきます。今後使えるかも知れません!!!

誕生日 4月1日

 

エミリア

エミリア

ヒロイン。人間とエルフのハーフのハーフエルフです。長い銀髪が特徴的で嫉妬の魔女のルックスと同じため周囲からは忌み嫌われています。そのため、認識阻害のためのマントを頭から被り街に出かけます。王選候補の1人として、領主であるロズワートの補助を受けています。また、精霊のパックと契約を交わしており、精霊術師として戦いに参戦することもあります。恋愛感情に関しては、疎くスバルの気持ちに気づかないという天然さもありますが、困っている人は見過ごせないという優しい性格の持ち主でもあります。

 

誕生日

誕生日 9月23日

 

パック

パック

エミリアが契約している大精霊。パックはエミリアのことをリアと呼んでいます。朝の9時~夕方の17時までしか外では活動できず眠くなってしまいまいエミリアが保持している緑の結晶の中でその時間は過ごします。サラリーマンみたいな精霊ですね。可愛い見た目をしていますが、火の大精霊として戦闘になれば攻防にも加わりめちゃくちゃ強い精霊です。1期のアニメで描写がありましたが、エミリアが瀕死の状態や死亡した場合は、終焉の獣として世界を凍らせる契約をエミリアと交わしています。不意の出来事でしたが、スバルがエミリアを殺した際も、世界を凍らせパックがスバルを殺しています。

 

誕生日

誕生日 不明

 

ラム

ラム

ロズワール邸に仕えているメイド、レムの双子の姉。鬼族の生き残りで、幼少期は鬼族の中でも天才として無類の強さ・戦闘力を誇っていました。しかし、角を折られてしまい魔力不足に陥っているため現在ではレムよりも弱い位置付けとなっています。主人であるロズワートに忠誠を尽くしていて、定期的にロズワートより魔力補給をしてもらっています。メイドとしての仕事の大半は、レム頼りとなっていて家事などの仕事は不得意です。唯一の得意料理がふかし芋となっていて塩加減は抜群です(笑)能力的には、風の魔法と相手と視界を共有する千里眼を有しています。スバルのことはバルスと呼ぶ毒舌キャラとなっています。

 

誕生日

誕生日 2月2日

 

レム

レム

ロズワール邸に仕えているメイド、ラムの双子の妹。鬼族の生き残りですが、本来なら双子は2本の角を持たない1本鬼のため忌み子でしたが、姉であるラムに天才的な力が秘められていることにより妹のラムも処分されずに済みました。ラムが角を折られてしまった時、「やっと折れてくれた」と思ってしまいます、その贖罪を背負い今まで姉が出来たことをレムが変わりにしなければと奮闘するような頑張り屋さんです。スバルのことをスバル君と呼び、スバルの放つ魔女の匂いにも人一倍敏感です。スバルがラムを救ってからラムの中でスバルは英雄、そして愛情を向ける相手と変わり白鯨討伐までスバルを精神面で支えています。好きな場面は、白鯨戦でスバルに受け止められ「ごちそうさまです」というところです。(笑)

 

誕生日

誕生日 2月2日

 

ロズワール・L・メイザース

ロズワール・L・メイザール

ピエロのようなメイクをした変に間延びした話し方をする貴族。宮廷筆頭魔術師の称号を持ち、高い戦闘力を兼ね合わせています。「亜人趣味」と呼ばれるほど人間以外の種族と親交が深く、王選候補の1人であるエミリアの後見人として彼女をバックアップしている存在。魔獣討伐や魔女教の襲撃の際は、不在で能力こそ高いですがアニメでは、最後の最後に魔獣を討伐しスバルを救ったこと以外に特に目立ったことはありません。また、龍を殺すことが彼の目的・・・アニメ中では、彼のひととなりはあまり出てきていません。

 

誕生日

誕生日 9月16日

 

ベアトリス

ベアトリス

ロズワール邸にある禁書庫の司書をしているツインテールが特徴的な幼女。「扉渡り」の能力で屋敷内の部屋の扉を自由に移動することのできる能力を持っていますが、スバルにはいとも簡単に当てられてしまいます。素直になれない性格ですが、お人好しの面もありスバルを守ることもしばしばアニメの描写ではありました。また、可愛いものを愛し、パックのことを「ニーチャ」と呼んでいます。アニメの後半では、特に活躍する場面はなく謎が多いキャラクターですが、エキドナに作られた人工精霊で400年前にエキドナと交わした約束に従い、とある人物を禁書庫でひたすら待ち続けていたという・・・

 

誕生日

誕生日 不明

 

フェルト

フェルト

貧民街育ちの少女。スリで生計を立てていて、エミリアの徽章を盗んでロム爺の盗品小屋へと持ち込みエルザに襲われたのだが、スバル・エミリアそして剣聖ラインハルトに救われました。騒動後にラインハルトに半ば強制的に連れ去られ、後に王選候補の1人として王の座を争うことになった少女です。風の加護を受けており、早く走るなど素早い動きをすることができます。ロム爺に8月8日に貧民街で拾われ「フェルト」と名付けられたため、ロム爺のことを家族同様に思っている優しい心を持つ持ち主で、王選の政策として貴族などの家柄にとらわれないような貧民街育ちならではの理念を持っています。

 

拾われた日

拾われた日 8月8日

 

ラインハルト・ヴァン・アストレア

ラインハルト・ヴァン・アストレア

代々、剣聖の家系である「アストレア家」に生まれ、近衛騎士団に所属する正義感が強く思いやりに溢れた性格の持ち主。実力も最強の部類に属し、「騎士の中の騎士」とまで称される人物で「フェルト」を王選に推挙しました。アニメの中では、序盤でエルザと対峙した場面しか戦闘の描写はありませんが、作者自身も認める最強キャラとして位置付けられています。強力な加護を無数に有し、自身が望む加護を好きなように得ることができるなど底が測り知れません。ラインハルトの持つ聖剣「龍剣レイド」は、自由に抜刀することは出来ず、剣自身が抜刀場所を決めます。そのため、エルザとの戦闘の際は抜刀せず戦いましたが圧倒しています。

 

誕生日

誕生日 1月1日

 

ロム爺

ロム爺

貧民街で盗品などを取り扱っている巨人族の老人で、「フェルト」を拾った人物。商品の目利きには定評があり、スバルが持ち込んだ携帯(ミーティア)の鑑定も行いました。「フェルト」がラインハルトに連れ去られ、国王候補者たち一同が会した王都ルグニカの王城まで「フェルト」を助け出す行動に出ましたが、捕らわれてしまいました。「フェルト」の王選への出場と引き換えにロム爺を助けることとなりフェルト陣営に属する位置付けの人物となっています。フェルトにとってお爺ちゃんのような存在で、寛大な心を持った爺さんです。

 

誕生日

誕生日 2月20日

 

クルシュ・カルステン

クルシュ・カルステン

王選候補の1人で、白鯨戦において重要な役割を担った人物。剣術に優れ、高い戦闘力を誇っています。「風見の加護」を有し、視認範囲の全てに剣先が届く「百人一太刀」を操り、白鯨戦でも十二分にこの能力を発揮しました。また、相手の言動などに吹く風向きを読んで、嘘を見破るためスバルが白鯨戦の交渉をする上で嘘をついていないと判断できたため、クルシュ陣営の協力を得ることができました。性格は、実直で誠実なイメージですが天然なところもあり、フェリスにまんまと言いくるめられる場面もあります。白鯨討伐後、エミリアについているスバルに絶大の信頼を寄せ最終的に王選で雌雄を決する時であっても敬意を払い友好的であることを約束しました。王選の本命候補としても挙げられています。

 

誕生日

誕生日 4月4日

 

フェリックス・アーガイル(フェリス)

フェリックス・アーガイル(フェリス)

クルシュの騎士である可愛い男の子。「水の加護」を有し、最高位の治癒術師としてスバルを治療していました。性格は、人懐っこく君主であるクルシュに対しても冗談を言ったり、スバルのことを「スバルきゅん」と呼んでいたりしています。白鯨戦では、主に負傷者の治癒にあたり戦闘には参加していません。見た目も声も女性ですが、れっきとした男性なのがポイントですね(笑)猫耳は先祖返りによるもので、両親とも人間。先祖返りが原因で、暗い過去を持ち治癒術師として生死にこれまで幾度となく関わってきた人物で、治癒に関わることもあれば、必要とあらば殺人や拷問なども辞さないという死生観にはとにかくシビアな男の子です。

 

誕生日

誕生日 1月16日

 

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

「剣鬼」の異名を持つクルシュの従者の老紳士。男性キャラではもちろんですが、「Re:ゼロ」で一番好きなキャラクターです。超カッコ良いです!!!妻は先代の剣聖である「テレシア・ヴァン・アストレア」。残念ながら以前の白鯨戦において敗れ、亡くなっています。その仇を打つために、今回スバルが決定的な白鯨討伐を提案してくれたことにより長年の思いを晴らすことができ、スバルには深い敬意と信頼を寄せることになりました。奥さんである「テレシア」をこよなく愛する一途な気持ちの持ち主でもあります。テレシアが剣聖の家系にあり、花が大好きなはずが剣に愛される家系であるため戦場へ赴くテレシア。そこでヴィルヘルムはテレシアに剣で守られてしまいました。その後、ヴィルヘイムが王城でテレシアと対峙し、剣を弾き飛ばし剣を捨てさせテレシアを守ることを誓ったシーンが感動的でした。

 

誕生日

誕生日 5月7日

 

プリシラ・バーリエル

プリシア・バーリエル

王候補の1人で王都でスバルが悪漢から救おうとした人物。世界は自分の都合の良いようにできていると豪語するほどの強運の持ち主で、その振る舞いは高貴でありがちな傲慢な態度を振るっています。プリシアの騎士のアルデバランは、スバルのことを兄弟と呼び友好的な面もある。「血染めの花嫁」と呼ばれており齢19歳にして既に8度も結婚しており結婚した夫は早々に死亡することからこの通り名がついています。アニメでは、リンガ(リンゴ)を白い果実だとスバルに指摘されるまで思っており、身の回りのことなどは配下に任せていることが伺えます。また、自分が関心のあること・興味のあることが行動理念となっていて白鯨討伐の交渉をした際は、決裂しました。

 

誕生日

誕生日 9月7日

 

アルデバラン(アル)

アルデバラン(アル)

プリシラの騎士でスバルのことを兄弟と呼ぶ人物。漆黒のフルヘイムを被り、山賊風な服を着用しています。アニメ中では、王選候補が集った場や白鯨討伐の交渉の際などしか登場しませんが、スバルと同じ世界から18年前に召喚されたことなどを示唆しています。スバルと似たような力を持っているということも示唆されており、戦闘の際に何らかの力を発揮していることが伺えます。同郷出身だからか、スバルに対しても何かと良く振舞ってくれています。まだまだ謎の多い人物ですが、戦闘では土属性の魔法を使い土壁を作り、攻撃・防御・移動や回避などを戦闘手段としています。

 

誕生日

誕生日 不明

 

アナスタシア・ホーシン

アナスタシア・ホーシン

王選候補の1人で、しゃべり方が関西弁っぽいのですが「カララギ弁」。おっとりしたしゃべり方と雰囲気ではありますが、守銭奴気質で何よりも自分の利益を優先するという考え方の持ち主でもあります。商才に優れ、交渉も上手。スバルとの相談に乗った場面で、優しいのかと思いきや自分の利益になる情報をスバルからまんまと引き出したことが印象的でそこからもかなりの交渉術に優れていることがわかります。しかし、利益を優先するだけでなくリターンも渡すような心優しい一面も持ち合わせています。カララギの貧民街で生まれ、商才によって巨大な商会を率いるまでになった人物です。

 

誕生日

誕生日 3月10日

 

ユリウス・ユークリウス

ユリウス・ユークリウス

アナスタシア・ホーシンの騎士で「最優」の称号を持ち近衛騎士団に属しています。単純な戦闘力では、ラインハルトには及ばないものの「誘精の加護」を有し、6色の全属性の準精霊と契約を交わしているため、様々な魔法を使うことができる。また、スバルがエミリアの騎士と名乗ったことで「騎士」が汚す部分があったことから訂正を求めて勝負する場面がありましたが、それは「最優の騎士」に恥じない騎士道の持ち主だからと言えます。スバルにとっては、白鯨討伐などをきっかけにこれまでのお互いの無礼を謝罪し合った悪友と呼べる存在です。魔女教討伐においては幾度となくスバルを助けました。

 

誕生日

誕生日 7月7日

 

ペテルギウス・ロマネコンティ

ペテルギウス・ロマネコンティ

魔女教創設者の1人で、嫉妬な魔女ステラの狂信者。興奮すると指を噛み砕いたり、頭をぶつけたり自傷行為をする痩せ細った人物です。話し方にも特徴があり、「~ですっ!!!」みないな(笑)アニメや原作読んでもらったほうが伝わると思いますが、自分が小学生なら真似して使いそうです。戦闘の際は、「見えざる手」という不可視の数十本にも及ぶ手で攻撃してきますが、スバルにのみこの「見えざる手」は普通に見えます。実の正体は、邪精霊で肉体を乗っ取られたものです。そのため、生命活動ができなくなった場合は、「指先」と呼ぶ適合する肉体かまたは、周囲で適合する肉体を乗っとり活動を行います。スバルとの戦闘において幾度も苦しめますが、「死に戻り」の能力により敗北し、死亡しました。

 

誕生日

誕生日 不明

 

まとめ

【Re:ゼロから始める異世界生活】は、登場するキャラクターが多すぎて今回のコラムだけでは全て紹介できていません。今回のコラムでは、アニメを中心に主要で登場するキャラクターの特徴などを紹介しました。

 

スロットに関しては、まだ情報を確認していないので今回紹介したキャラ以外にも登場する可能性があります。逆に登場しないキャラもいるかも知れません。

 

何よりも、【Re:ゼロ】好きからするとスロットの導入が待ちきれません。新基準に移行してから初めて待ち遠しい機種です。(笑)

 

アニメ自体も途中、「鬱」っぽくなってしんどい場面もありますが初めて見るのならめちゃくちゃ面白いと思いますよ(・∀・)

2周目は、暗いシーンやスバルに対して腹が立ってくるシーンがあることが分かっているので期間を空けないと見る気にならないかも知れません・・・覆面の実体験です。

 

とにかく面白い作品なので、スロット導入前にまだ見たことのない人は通しで見ることをオススメします。今回のコラムは、以上となります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました( ´ ▽ ` )

 

 

    LINEで送る
    Pocket

    LINEで送る
    Pocket

前の記事 次の記事

コメント記入欄

※メールアドレスは反映されません。非公開情報です。

コメント記入欄の下に表示するメッセージ