【SLOTギャラガ】
通常時の打ち方を解説

通常時の打ち方

最初に狙う図柄

左リール枠上にBAR絵柄狙い。中・右リールは以下、停止型に応じて打ち分け。

 

停止型A 停止型B
停止型A 停止型B
停止型A

成立可能性役

停止型B

成立可能性役

リプレイ・スイカ2 ハズレ・ベル・スイカ1

 

停止型Aの場合

右リール適当打ちで、スイカテンパイ時のみ中リールにスイカを狙う。スイカがテンパイしなかった場合は、中リールも適当打ち。

 

停止型Bの場合

右リール適当打ちで、スイカテンパイ時のみ中リールにスイカを狙う。スイカがテンパイしなかった場合は、中リールも適当打ち。

 

停止型C 停止型D
停止型C 停止型D
停止型C

成立可能性役

停止型D

成立可能性役

角チェリー・確定チェリー 中段チェリー

 

停止型Cの場合

右リール中段に「F図柄 or Bar図柄 or 青7図柄 or チェリー」を狙うことでフラグを見抜くことができる。いずれか中段に停止した場合は、確定チェリー。いずれも停止しなかった場合は、角チェリー。

 

停止型Dの場合

中・右リール共に適当打ち。

 

 

時間効率を考えた打ち方

レバーON時に演出が発生するかどうかで対応役が変化します。

 

演出の法則

演出なし時→チェリーの可能性なし

演出あり時→全役の可能性あり

 

以下、手順となります。

 

演出なし時 打ち方

左リール適当打ち。(チェリーの可能性がないため)

右リール適当打ち。

スイカテンパイ時のみ中リールスイカ図柄狙い。それ以外は適当打ち。

 


 

演出あり時 打ち方

左リール上段にチェリーの下にあるBAR図柄を狙う。

以下停止型に応じて、中・右リール打ち分け。