【モンスターハンター月下雷鳴】
背びれ役モノ-激アツの法則-

背びれ役モノ-激アツの法則-

背びれ役モノ

 

背びれ役モノの演出パターンは9種類あります。パターンがそれぞれあり、演出が起きたタイミングなどによってアツいポイントがあります。本前兆が確定となる背びれの動きのパターンもあるので見ていきましょう。

 

知っていれば、更に【モンハン月下】をアツく打つことができますよ!!!

 

背びれ役モノ 演出パターン一覧

開く → 閉じるを1回。LED白。

開く → 閉じるを2回。LED白。

開く → 閉じるを2回。LED赤。

開いた状態でしばらく停止。

1回作動後ボタン停止で呼吸(弱)。

1回作動後ボタン停止で呼吸(強)。

レバーで小さく開く → 閉じるを1回。

レバーで小さく開く → 閉じるを2回。

レバーで一瞬だけまたたく。


 

 

状況別 演出の法則まとめ

通常時・前兆中の法則

第3停止時に作動し、LED赤の場合はチャンス。

呼吸 → レア役成立で本前兆確定

2回作動 → レア役否定で本前兆確定

「開いた状態でしばらく停止(あくび)」が第3停止時に発生すれば本前兆確定

「レバーで一瞬だけまたたく」が発生すれば本前兆確定

前兆時に背びれが全く動かない場合は、激アツ

 

 

ボーナス中の法則

リールアクションの本前兆中は、約2/3で背びれ役モノが作動。

リールアクションのガセ前兆中は、約1/4で背びれ役モノが作動。

「LED赤」「一瞬だけまたたく」はリールアクション発生確定

リールアクション前兆中以外で「呼吸」「一瞬だけまたたく」はストックあり確定

 

 

アイルービンゴ中の法則

「一瞬だけまたたく」は2ライン以上のBINGO濃厚

 

それぞれの状況別の背びれ役モノ演出をまとめていきました。「LED赤」や「一瞬だけまたたく」演出はどの状況においてもかなりアツい演出ですので発生した際は動向に注目しましょう。ここでは、記載していませんが「LED赤」の他に「LEDレインボー(背びれがレインボーに発光)」する演出もあります。もちろん本前兆が確定となります。