【モンスターハンター月下雷鳴】
通常時の打ち方を解説

通常時の打ち方

最初に狙う図柄

左リールにBAR図柄狙い。以下、停止型に応じて打ち分け。

 

停止型A 停止型B
停止型A 停止型B
停止型A

成立役

停止型B

成立役

ハズレ・リプレイ・左第1ベル・共通ベル・弱チャンス目 弱スイカ・強スイカA / B・強ベル・強チャンス目

 

停止型Aの場合

中・右リール適当打ち。

チャンス目成立時はフラッシュする。

 

停止型Bの場合

中・右リールにスイカ狙い。

強ベルは、斜め右上がりに揃う形と下段に揃う形の2パターン存在。また、強スイカAと強スイカBの区別だが、左リール・中リール上段にスイカがテンパイした場合に右リールに2連スイカ(BAR図柄下)を狙い停止した場合が強スイカBとなる。

 

停止型C 停止型D
停止型C 停止型C
停止型C

成立役

停止型D

成立役

弱チェリー・強チェリー・激熱チェリー 激熱チェリー

 

停止型Cの場合

中リールに2連チェリー(スイカ下)を狙い、右リールに「チェリー・スイカ・チェリー」を狙う。こうすることで「激熱チェリー」成立時にフラグを見抜くことができる。

 


2連チェリー → 弱チェリー
3連チェリー → 強チェリー
3連チェリーダブルライン → 激熱チェリー

 

停止型Dの場合

中・右リール適当打ち。

※中・右リールにBAR図柄を狙っても揃いません。

 

停止型E
停止型E
停止型E

成立役

強スイカB

 

停止型Eの場合

中・右リールにスイカを狙う。

左リールに、この出目が停止した場合の成立役は「強スイカB」となる。