#79

[新台実践] 純増5枚『ルパン三世 世界解剖』打ってきたよ。

▶︎ 記事一覧へ

    LINEで送る
    Pocket

『ルパン三世 世界解剖』実践

©モンキーパンチ/TMS・NTV
©オリンピア

久しぶりのしゅんよん実践です。

 

導入される前から「純増5枚」で噂だった『ルパン三世 世界解剖』を初打ちしてきました。

 

夕方からホールに行くと・・・なんと新台『ルパン三世 世界解剖』が空いているじゃありませんか。しかも凹んでる台ではなく、1000枚くらいプラスの台が( ・∇・)

 

台もプラス出玉だったので大ケガはしないだろうと判断し、どうしてもコラムで情報を発信したかったので座りました。

 

では、『ルパン三世 世界解剖』の実践とその感想をご覧ください。

 

 

『ルパン三世 世界解剖』のデータ

実践前データ

 

実践した台は、「BIG回数(ルパンザチャンス)24回」「REG回数(ヒーローズロード)9回」の『ルパン三世 世界解剖』です。

 

今回のホールは、実は・・・前日に出ていた台が翌日も出ることが多いと情報を仕入れていたホールです。

 

まぁ、前日も凹むとこは凹んでるんでなんとも言えませんが、一応プラスで終わっているので打たない理由はない!!!ということで実践。

 

がっつり解析読んだわけではないんですが、高設定ほど「リミット天井」から当たりやすいらしいですね・・・

CZ(ルパンザチャンス)当選率も低設定ほど優遇されてますし、今までのパチスロの概念をすべてぶち壊すような仕様じゃないですか!!!(笑)

 

「リノ」のように機種のタイプも特殊ですし、有利区間もないのでリミットがない・・・

うむ。期待ができる。

 

実は、ルパンシリーズとかなり相性いいんですよね。歴代ルパンシリーズのパチンコ・スロット共に。

 

実践内容、期待してくださいね???(笑)

 

実践内容

ルパンザチャンス

 

『ルパン三世 世界解剖』に座ってから11Gでチャンスゾーンである「ルパンザチャンス」に当選しました。当選契機はリプレイです。

本来のパチスロ機なら喜べるところなんですが、低設定ほどCZ当選率が高いので複雑な気持ちです(笑)

 

ぶち込んで、出せばいいんです。

 

『ルパンザチャンス』当選率

CZは、主にリプレイや1枚役で抽選されています。

低設定ほどリプレイと1枚役からの同時当選期待度が高く、さらに出現率も高いので低設定ほどCZ当選率が高いという特徴があります。

 

設定 リプレイ 1枚役
1 39.8% 1.45%
2 39.3% 1.41%
5 37.7% 1.29%
6 35.6% 1.15%

 

異色

 

「ルパンザチャンス」の初当たりは、黄異色でした。当然、「ヒーローズロード」には当選しませんでしたがwww

ちなみに、異色揃いの「ルパンザチャンス」は、「最終ゲームでリプレイ以外の小役を揃えろ!」というミッションに成功することができれば「ヒーローズロード」に突入します。

 

「ヒーローズロード」の当選率は、設定6でも約13.1%なので無理ゲーです。

設定看破をする上でも設定差が大きくないのであんま気にしなくても良さそうです。

 

『ルパンザチャンス』成功期待度

CZの最終ゲームにリールロックが発生し、右リールにBURST図柄が揃えば「ヒーローズロード」に突入します。

リールロックは2段階以上ならチャンスですが、結構2段階でもハズれているのを確認しています。

 

リール1段階 リール2段階 リール3段階
ほぼリプレイ BURSTチャンス BURST濃厚

 

設定 異色CZ 同色CZ
1 約10.9% 約50.0%
2 約11.9% 約50.1%
5 約12.7% 約50.3%
6 約13.1% 約50.4%

 

異色・同色CZ出現割合

「ルパンザチャンス」は異色の割合がかなり高いです。

なので、CZから「ヒーローズロード」に当選しないからといって、いちいち台に反応する人には向いてない台かも知れません・・・

高設定ほど「リミット天井」から当たりやすいといった特徴があるように天井ゲーの機種だと思います。

 

設定 異色CZ合算 同色CZ合算
1 1/68.4 1/1724.6
2 1/70.6 1/1638.4
5 1/77.5 1/1524.1
6 1/88.1 1/1365.3

 

リミットカウンタ

 

「ヒーローズロード」の初当たりは、「リミット天井」からです。投資は、8本。

投資8本使っての初当たりなのでなんとも言えませんが、リミット天井からの当たりなので良い傾向と捉えておきましょう。(笑)

 

CZ7スルーから打っているので、前回の「ヒーローズロード」から今回の「ヒーローズロード」まで仮に打っていたとしたら更に投資がいっているはずです。

 

ヒーローズロード

 

やっぱりタイプライターはいいですね。

「リミット天井」に到達すると第3ボタン停止時にタイプライターが出ます。ボタンフリーズっぽくなります。

 

 

実践したホールは、『ルパン三世 世界解剖』8台設置されていました。

マイナスのグラフになっている台で、「リミット天井」から当たっている台は1台(1回)しか確認できませんでした。(4時間程度の実践の範囲で)

 

CZから「ヒーローズロード」入らないんで、基本的には「リミット天井」を目指す台だと思いますよ。

リプレイを引かないように祈りながら打ってましたもん(笑)

 

リミット到達までの平均ゲーム数

設定 平均ゲーム数
1 約163.4G
2 約162.0G
5 約158.3G
6 約153.9G

 

打ち方

 

MBが入賞(中段にリプレイ・リプレイ・ベル)すれば、15枚を超える払い出しを受けることができます。

MB入賞の次ゲームで上記のカットイン。1G目は男カットイン(背景青)、2G目は女カットイン(赤背景)でBURST図柄を揃えることにより払い出しを受けることができます。

 

手順としては、1G目は順押しで14枚獲得をし、2G目は逆押しで15枚を獲得してください。

隣で打っている方が、ずっと順押ししてたので知らなかった人は気をつけてくださいね。損しますから。

 

それと、BURST図柄の目押しをミスると1枚役が入賞してしまい大損なのでしっかり狙いましょう。

全然シビアな目押しとかいらないので安心してください。

 

「ヒーローズロード」中は、基本的にはこの作業の繰り返しで出玉を獲得していく形になります。

 

終了画面

 

最初の当たりは、MBを11回引いて186枚の獲得で終了しました・・・

 

どんだけ高確率を転落させずにMBを入賞させれるかが鍵になります。

 

有利区間のリミットがないので、仕様的には一撃大量出玉獲得といったことも可能なのですが一撃で出ている台をまだ見てないのでどこまでいけるのかが未知数です。

「ヒーローズロード」を消化してみて、個人的には「けっこー無理じゃね?」って思ってしまいました(笑)

 

さぁ、切り替えて次の当たりを目指しましょう。投資は8本で、持ち玉186枚です!!!

 

同色CZ

データ

 

次の当たりは、同色CZからでした。

当選ゲーム数も前回の「ヒーローズロード」終了後の2回目のCZからだったので助かりました!!!

 

同色CZからの「ヒーローズロード」当選率は約50%です、この50%を取れなければだいぶキツいですよ。

同色CZの場合は、ミッションが1つ追加されます。

 

CZは、10G間なのでその間にリプレイ以外の小役を5回揃えることができれば「ヒーローズロード」に突入します。

 

「最終ゲームでリプレイ以外の小役を揃えろ!」(異色CZと同じ)

「リプレイ以外の小役を5回揃えろ!」(同色CZのみ)

 

最終ゲーム

 

10G間にリプレイ以外の小役を5回揃えることができず、「最終ゲームでリプレイ以外の小役を揃えろ!」のミッションの方で突入させることができました。

 

同色CZ中の小役確率を下記に載せておきます。中々がんばらないと厳しいです・・・(笑)

ベルを引くことができたら下はほぼなさそうです。

 

同色CZ中の小役確率

設定 リプレイ 15枚役 ベル 1枚役
1 各1/1.7 各1/2.5 1/5041.2 1/32768.0
2 1/2559.9
5 1/897.8
6 1/512.0

 

終了画面は撮影しておりませんが、この同色CZからの「ヒーローズロード」は70枚弱で終了です。

当たりが早かったもののキツい!!!

 

次の当たりを追います・・・

 

アタックビジョン

不二子ゾーン

 

3回目の当たりは、「リミット天井」からです。追加投資7本で総投資15本です。

「ヒーローズロード」中にチェリーを引きまして、アタックビジョン演出からの「不二子ゾーン(中段揃い)」に当選しました。

獲得枚数が増えるだけなんですが、嬉しいですよね(笑)

 

中段揃い「不二子ゾーン」は、1度だけ順押しでBURST図柄を揃え、残りを逆押しでBURST図柄を揃えたら最大獲得枚数を取れます。

 

右上がり「不二子ゾーン」は、全て逆押しでBURST図柄を揃えることで最大獲得枚数を取ることができます。

 

『ルパン三世 世界解剖』の情報は、機種情報で詳しく解説するのでもうしばらくお待ちください。

 

終了画面2

 

「不二子ゾーン」も絡み、MBも22回引けたので700枚近い出玉を獲得することができました。

出玉スピードは、さすが純増5枚というところでしょうか。最近の新基準機に比べてかなり早いです。

 

だが、一撃で出る気がしない(笑)

 

「ヒーローズロード」終了画面は、設定示唆をしています。上記の画像は、高設定の方が出やすいというありがちな画面です。

 

もうちょっと追います・・・

 

大泥棒ゾーン

 

当たりが、遠い!!(笑)

ほぼ持ちメダル消滅での当たりでした・・・

 

正味、それは別にいいんですよ。

実は、MB0回で「ヒーローズロード」中のCZ「ジャッジメントバトル」に行ってしまったんですよね。

獲得0枚やし、半泣きになりました(笑)

 

半泣きやったんで(うるうるしてて液晶が良く見えなかったwww)、何を引いたか覚えてないんですが「ニクス」を倒して「大泥棒ゾーン」に当選しました。

急死に一生を得ましたwww

 

「大泥棒ゾーン」は、「一味ゾーン」の1つで他には「ガンマンゾーン」と「侍ゾーン」があります。

REGの位置付けだと思ってくれて大丈夫です。性能はいずれも同じです。

 

最大47枚の獲得で、1度だけ順押しでBURST図柄を狙い、その後は逆押しでBURST図柄を狙って打つことで最大獲得枚数をGETできます。

 

終了画面3

 

結局、出玉は伸びなかったんですけどね・・・

ということでこの「ヒーローズロード」が終了し即ヤメで実践終了です。

 

ヤメ時に関しては、状態やモードなどの概念はないので「リミットカウンタ」さえ溜まってなければいつヤメても大丈夫だと思います。

 

以上が実践内容となります。

 

『ルパン三世 世界解剖』の一連の流れや打ち方などある程度分かって頂けたのではないでしょうか??

 

実践結果

実践後データ

 

実践は、◯をつけている部分までです。

最後は、『クレアの秘宝伝2』を打って少し回復して終了しました。

 

投資 回収
1000枚 512枚

 

感想

“最初で最後の新ジャンル”と銘打たれた通り、機種の仕様は今までのパチスロ機の概念を壊すような斬新な機種だと思いました。

ゲーム性に関しては、ボーナスの獲得枚数を減らしてスピード感を出した『リノ』じゃね??って思ったのが率直な意見です。

 

出玉的には、良い実践ではなかったのでポテンシャルはまだ未知数で計り知れませんが、設定が良かったら安定して「ヒーローズロード」に入りそうな感じはしました。

 

新基準機に移行し、スロットはネガティブな意見が多かったと思いますが今回の『ルパン三世 世界解剖』のような斬新なアイデアで世の中に出てくる機種もあるので悲観するばかりではないのかなと思います。

 

いつの日か最高設定が打てるよう、今回の実践にこりず『ルパン三世 世界解剖』を引き続き狙っていきたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

↓ 打ち方まとめました ↓

『ルパン三世 世界解剖』打ち方徹底解剖

『ルパン三世 世界解剖』打ち方を徹底解説

『ルパン三世 世界解剖』の打ち方を解説した記事です。「通常時」「ヒーローズロード」「ボーナス」と各場面での「打ち方」をまとめています。

 

 

    LINEで送る
    Pocket

    LINEで送る
    Pocket

前の記事 次の記事

コメント記入欄

※メールアドレスは反映されません。非公開情報です。

コメント記入欄の下に表示するメッセージ