【七つの大罪 】スランプグラフで設定6の特徴を確認しよう

設定6確定のスランプグラフ

七つの大罪設定6グラフ1

 

 

上記グラフは、サミートロフィー虹が出た設定6確定のスランプグラフとなります。

 

途中までは、ATが伸び悩みマイナス域をうろうろしていましたが伸ばせたATが続き+4000弱で終えたグラフです。回転数は約9000回転とかなりぶん回した台です。他の設定6のスランプグラフも後で見て頂きますが、設定6でも安定感のない機種です。

 

自力でATを伸ばせないとキツい

※全ての【七つの大罪 】に当てはまるものではないことをご理解ください。

設定6グラフ分析

 

先ほどのグラフですが、500枚前後が最大ハマりです。しかし、【パチスロ七つの大罪】のATは自力要素が強いためATを伸ばすことができなければマイナス域で終わることも想定できる台です。

 

上記グラフでは、約9000回転回した台ですがその内約5000回転はマイナス域での遊戯でした。仮にこのようなマイナス域で平行線をたどっているような台でも設定6の可能性があります。また、マイナス域から抜け出せず嫌気が差してやめる人もいるでしょう。

 

そのため、夕方からでもAT初当たりはコンスタントに引けているけどATが伸びずマイナス域というようなスランプグラフの台が落ちている場合は設定が入っている可能性もあるので積極的に狙っていきましょう。

 

自分自身も実践で、この機種の後ヅモは結構あるので狙っていける台だと思いますよ。

 

その他の設定6だったスランプグラフ

 

続いて、全国のデータより高設定挙動を出しているスランプグラフをどんどん紹介していきます。スランプグラフにて、出玉の挙動を把握することで思わぬ空き台を拾えるかも知れませんので必ず挙動は確認するようにしましょう。

 

特に、朝イチから行けない人や仕事終わりの夕方から行く人にとっては、有用なデータです。画像はクリックすると拡大します。

 

設定6

設定6

七つの大罪設定6グラフ2 七つの大罪設定6グラフ3

 

いずれも設定6が確定した台です。

 

設定6の場合でもAT初当たりまで約1000枚ほどは我慢する必要がある場面もありますね。設定6は比較的コンスタントに当たっているので、マイナスが大きくなることはなさそうです。

 

①のグラフが特に夕方からは狙い目で、5500回転ほどしか回っていない台です。こういった台で前任者がプラス収支に持っていけた時点で精神的な面からヤメるという場面もこの機種には見受けられます。閉店までの時間があるようならば更に伸びる可能性もあるので狙っていくべきでしょう。

 

 

設定5のスランプグラフ

七つの大罪設定5グラフ1

 

設定5のスランプグラフです。

 

設定6と比べるとAT初当たりまでハマる場面が多く見られ、ATを伸ばせなければマイナス域で終わる可能性がかなり高そうです。

 

コンスタントにAT初当たりが取れているところもありますが、大きくハマる可能性が高いので基本的には腰を据える気持ちで良いと思いますが、臨機応変な対応が求められる場面も出てくる設定だと個人的には思います。

 

その他の設定5だったスランプグラフ

 

設定5濃厚となるスランプグラフが先に紹介したものだけです。

 

今後、設定5のスランプグラフのサンプルを追加していく予定ですが、追加日時は未定となりますのでご了承ください。

 

 

設定4のスランプグラフ

 

今後、設定4のスランプグラフのサンプルを追加していく予定ですが、追加日時は未定となりますのでご了承ください。