【スーパードラゴン】
設定差まとめ

ボーナス初当たり確率

設定 赤7ボーナス

(初当たり)

1 1/391.6
2 1/308.7
3 1/365.6
4 1/276.5
5 1/320.5
6 1/233.9

ボーナス初当たり確率は、偶数設定が優遇されています。また、高設定のほうが初当たりが取れやすいので初当たりが軽い台は偶数設定の可能性が高くなります。

 

 

小役確率

設定 共通ベル(9枚) チャンスベル(9枚)
1 1/73.55 1/256.00
2 1/69.79 1/242.73
3 1/67.01 1/240.06
4 1/64.06 1/234.06
5 1/52.30 1/208.71
6 1/49.72 1/191.63
設定 チェリー スイカ
1 1/99.90 1/50.18
2 1/98.40 1/49.42
3 1/97.52 1/48.33
4 1/96.38 1/47.63
5 1/94.71 1/46.95
6 1/92.70 1/45.01

上記の小役出現率には設定差が設けられています。出目で判断できるものは、「共通ベル・チェリー・スイカ」となっています。特にチャンスベル出現率には要注目です。

 

 

パネルフラッシュ発生率

設定 発生率
1 8.20%
2 8.50%
3 9.00%
4 10.00%
5 10.75%
6 11.75%

ボーナス終了時に下パネルが点滅する場合があり、その点滅発生率には設定差が設けられています。高設定域の目安としては10回に1回をラインに引いておくと良いでしょう。それ以上の確率で出現するようなら高設定の確率がグッと高まります。

 

 

トロピカルランプ

「緑 + 赤」

設定2以上確定!!

 

「虹(レインボー)」

設定5以上確定!!

 

 

以上が、現在判明している設定差です。

 

設定狙いで打つ場合は、「ボーナス初当たり確率」はもちろんのこと、「小役確率」特にチャンスベルに注目しましょう。また、パネルフラッシュに関しても、設定看破における重要な要素なので高設定の目安を設定し、必ず数えるようにしましょう。

 

トロピカルランプは、この記事で記載した設定確定となる要素以外に高設定示唆を行っているものもあるので確認しておいてくださいね。