【闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機】
AT(闘魂チャンス)について

AT 闘魂チャンス

闘魂CHANCE

概要 AT
純増 4.0枚
継続ゲーム数 ベルナビ回数終了まで
ベルナビ回数 10 / 20 / 30 /50 /100回

(初当たり時は20回以上)

平均獲得枚数 531枚

 

AT「闘魂チャンス」は、ベルナビ管理タイプとなっています。初当たり時は必ず20回以外のベルナビとなり、以降は10回から最大100回まで。

 

消化中は、レア役からストック抽選が行なわれています。また6択チャレンジ発生時に押し順を正解することができれば自力でATストックを獲得することもできます。

 

AT後は、超通常時と呼ばれる状態に移行しここから再びAT当選を目指します。基本的には、このループにより出玉を獲得していく仕様となっています。

 

AT初当たり時 ストック振り分け

ストック数 通常当選 猪木フェスティバル
0個 94.5%
1個 3.1% 69.5%
2個 1.2% 10.2%
3個 0.8% 10.2%
4個 0.4% 10.2%
ストック数
1個 44.5%
2個 25.0%
3個 20.3%
4個 10.2%

AT「闘魂チャンス」の当選契機により初期ストックの振り分けが異なります。最大で4個のATストックしている可能性があるため薄いところを引くことができればロングATのチャンスとなります。

 

 

ベルナビ回数 振り分け

ナビ回数 初回 2連以降
10回 56.3%
20回 91.0% 34.8%
30回 7.8% 7.8%
50回 0.8% 0.8%
100回 0.4% 0.4%
ナビ回数 初代モード中
10回 66.4%
20回 25.0%
30回 7.8%
50回 0.4%
100回 0.4%

 

ベルナビ

30回以上

ベルナビ

50回以上

OVERダー 全員お願いしまーす

 

初当たり時のベルナビは必ず20回以上が選択されます。また、上記の画像のように「OVERダー」はベルナビ30回以上が確定。更に全員「お願いしまーす」ならばベルナビ50回以上が確定となります。

 

また、道フリーズを経由したATの場合は、初回ベルナビ回数は必ず100回となります。それぞれの状況に応じてベルナビ回数の振り分けは異なってくるので上記記載の表より確認しておいたらよりワクワクして打てます。

 

 

レア役によるストック抽選

ATストック

 

AT中のレア役でATストック抽選が行なわれており、発展した演出が成功すればATストックとなります。

 

下記表を見て貰えば分かる通り、弱レア役の場合はほぼ期待できません。また強レア役を引いた場合でも12.5%しかないのでAT中のレア役によるATストックは厳しいものがあります。

 

AT中 ストック当選率

成立役 当選率
弱レア役 0.4%
強レア役 12.5%